レイク 店舗

更新日:2016/05/26

レイクなどの大手では審査基準が厳しくなっています

 

現金を貸し借りする意味の業界用語をキャッシングといいますが、これは以前 は融資や証書貸付と言われていましたが、業界のマイナスイメージを明るくす るために、消費者金融業界が呼び名を変えて親しまれ易くする狙いで作ったもの だと言われております。名称が変わっても中身は同じで、高い金利でお金を融資 していることには変わらないものですが、それにより敷居も低くなり、顧客は大幅 に増加したといわれています。また、本質の融資についても、昔の融資とは違いが あり、以前は、顧客がお金を借り入れる際に、毎回証書を作成し金融会社と顧客の それぞれがその証書を保管していました 。証書を作成するためには住民票や収入証 明を発行してもらう必要があります。 それではあまりにも面倒なので、業者が顧客 に対して融資枠を作り、その中であれば何度でも融資も返済も出来る仕組みを作った のです。


この仕組みが出来たことで、貸す側にも借りる側にも都合 が良くなりました。顧客は専用のキャッシュカードを持つことで、いつでも簡単にATM から現金を下ろせるようになりましたし、返済もいちいち窓口に行かなくてもカード で行なえます。テレビコマーシャルでもレイクなどの大手が頻繁に露出していますの でご覧になったこともあるでしょう。また、現在では、金利も低く抑えられましたが 、それでも銀行などの借り入れに比べるとまだまだその金利は高いと言えます。手軽 な反面の金利の高さが双方にとっての妥協点ともいえます。また、現在では、レイク などの大手を筆頭に融資の際の審査も厳しくなっていると言われていますので、審査 基準を事前に確認しましょう。

 

 

住宅ローンをネットで簡単に審査申込

アパート代を支払うのも、住宅ローンで月々返済するのも 余り、金額が変わらない世の中になってきました。 借家につぎ込むよりも、自分のモノになる家を購入する方が 利口だという考えの方も、少なくないと思います。 今なら、住宅ローンをネットで簡単に審査申込が可能です。 この方法を使わない手はないと思います。 家族と時間が余り、合わない方でも じょじょに話を進めていった末に 審査申込ができるので 忙しい方にとっては、とても魅力的な話ですよね。

しかし、簡単だからこそ注意が必要です。

・ローン利用を約束するモノではない
・あくまでも審査なので、通れば、書類が必要
・担保物件所有者は、連帯保証人とされる
・申込者以外の債務関係者は、後日正式な書類が必要
・対象外の物件は、ローン利用の希望に添えれない可能性がある


下記に挙げた事項を、頭に入れて、ネットで審査申込をして下さい。


簡易審査申込ができるローンの商品は 住宅ローン、借換・買替ローン有担保フリーローン この三つのみとなります。
では、ネットで、簡易審査申込の流れは どのようなモノなのでしょうか。
まず、簡易審査申込をすると 通れば、簡易審査後に必要な事項や書類などの 今後の手続きの案内が、通知や電話できます。
そして、案内された書類を用意して 提出し、仮審査が行われます。 郵送でも、店舗へ足を運んでも、どちらでも可能です。
この仮審査が通れば 正式な申込となり、契約手続きが出来 返済がスタートとなります。 ネットで簡単に審査申込が出来るという事は
とても魅力的ですが お金を借りる、そして返済していくという 緊張感が欠ける欠点があります。 この欠点は、とても今後の返済に響いてくるのでは ないでしょうか。
ネットで簡単に借入出来るという事は 1人で決めず、やはり、周りの人の意見も聞き入れ 計画を立てる事が必要となります。 事前相談に行けないからこそ ネットで審査という形になりやすいので 慎重な行動がより一層、重要でしょう。

 

アコムのお申し込みはこちら


更新日:2016/05/26